<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

季刊「笛の音」〜BEYOND〜 step1

やー、寒の戻りですかね。北風が冷たいのなんの。

みなさまどうか、体調を崩す事のなきように。

 

アジャテブログの滝澤枠、ウルトラ久々の更新を失礼いたします。二十四節季にあわせて更新をし、お囃子のアレコレを綴ろうかと志したのも今は昔。”二十四節季”も”お囃子”も、テーマとして扱うつもりが、気付けばそこに縛られて思うように続けられなくなるという大失態!!!すっかり滞ってしまいました。

そしてナウ。自分で自分を縛り付けて勝手に苦心する必要はなかろう、と。すべてを越えて自由の地へ赴こう、と。平たく言えば、ただの雑記にしようか、と。お囃子の事も、美味しいご飯の事だって、野良犬に吠えられた事だって、なんでも綴ってゆけばいいじゃないか、と英断を下した訳であります。どうぞよろしく願います。

 

 

 

はい、今日はね、湯豆腐の話しまーす。ねー。

私の湯豆腐観に稲妻の如き衝撃を与えてくれた食べ方をご紹介いたしたく。秩父在住の愛知県民から教わった食べ方でして、全国的にみれば珍しくないのかもしれませんが、私にとっては、ナニコレうまー!感動した!というお話です。

調理についてはお鍋と、そば猪口サイズの器が一つあればヨシ。ダシ昆布は有っても無くてもけっこうですが、長ネギのみじん切りは必須。分量はお好みで。そして最後にお醤油。が、先述のそば猪口に八分目程度。

 

●そば猪口に、八分目程度のお醤油と、みじん切りの長ネギ投入

●鍋に食べ易くカットした豆腐を投入

●豆腐を入れた鍋の真ん中にそば猪口投入

そば猪口が水没しない程度に、お鍋に水をはってこれを火にかけます。豆腐が煮えたらお鍋の真ん中にある醤油(長ネギ入り)にジャバジャバ浸して食べる訳です。このスタイル、お醤油が湯せんされて、そこにネギの香りが染み出て最高に美味いタレになってるところがキモです。湯せんされたお醤油がとにかく豆腐に合う!美味い!ネギ!!長野生まれ長野育ちの自分には初めての湯豆腐体験でした。こうやって食べてる人ってけっこういるのかしら。どこかの地域のスタンダードなのかな。

 

ということで今回は、まだ間に合う!残り少ない寒い日を楽しむための湯豆腐ネタ大公開!!でした。そして唐突ですがアジャテのライブ!すぐそこです!!

まずは三月二日!渋谷ROOTSです!!

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第二十二号・冬至

月迫!

迫ってまいりました。年末。

自分の参加しているバンドのリハやら本番やら、年内の予定ほぼ消化されました。忙しいフリをしていて気がついたら冬至すぎちゃって、もうクリスマスだったのでカボチャのケーキを食べました。そして甘酒作りは、麹と混ぜる前のお粥を焦がしちゃって香ばしい甘酒になりました。年末ですね。滝澤です。

 

そうそう、アジャテの祭り。

今月十二月の二十二日でした。三軒茶屋の梅ちゃんバーにて楽しくやらせていただきました。癒しのアロマとロマンティックなキャンドルと、酒飲みにも食いしん坊にも嬉しい出張ご飯に彩られて、the sun とアジャテのステージはおおいに盛り上がりました。みなさまありがとうございました。これにて年内のアジャテ演奏会はおしまい。冬休みです。僕は大晦日のお囃子のおさらいします。

 

戸塚のお師匠は稽古内容の録音・録画に関してあまりいい顔をしなかったものです。録るヤツは練習してこない、みたいな事を仰っていたような気がします。稽古の場で集中し、たくさん吸収しなさいという事なのでしょう。その通りと思います。…だがしかし!師範代が日本を離れ、兄弟子は東京を離れ、稽古がはかどらない現状。師匠、どうか容赦願います!

戸塚囃子は伝統芸能保存会ではないですから。ナウいお囃子集団ですからね。情報や価値観、表現の手段など、なにかと多様化する現代社会の荒波に漕ぎ出してゆくわけですから、きっと師匠も、僕がお囃子の録音を聴いておさらいする事を容受してくださるに違いない。と、都合よく考えております。

 

一年間お囃子の稽古に通ってみて、どのくらいお囃子に近づけたもんかなぁ、と考えます。いまだに締め太鼓はいい音で鳴らせないし、稽古は休む事もちょこちょこあったし。笛の音が分からなくなるとめちゃくちゃ慌てるし。お祭りの雰囲気は好きだけど神輿のまわりの荒々しい雰囲気は苦手だし。お囃子と仲良くなるにはまだまだ先が長いなぁ。と。とはいえ今年は靖国神社で演奏できたし、夏はお祭りの山車の上で囃せたし、楽しかった。ま、来年も無理せず少しずつ身体に馴染ませてゆこうと思います。

 

みなさま、よいおとしを。

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第二十と二十一号・小雪と大雪

小雪も大雪も飛び越えてやってきました。

アジャテの締め太鼓係り滝澤です。

この時節、

もはや軽い挨拶のごとく使われる言葉ですが─、

いやぁ一年て早いですね。ひくほど早いです。ひいてます。

先月から、うっかり秩父で竹切ったり床板張ったりイノシシ食べたりしていて気付けば十二月も半ば。ひいた。来週はもうお囃子の稽古納め。そして大晦日の奉納が今年最後のお囃子。先月の、囃子マスター奇跡の来日公演を恥ずべくも見逃したわたくしですが、僭越ながら大晦日にはお囃子の舞台に立たせていただきます。ゆく年くる年を戸塚囃子と共に、みなさまいかがでしょうか?お餅、食べられるらしいですよ。

 

戸塚囃子奉納

早稲田 水稲荷神社

東京都新宿区西早稲田3丁目5番43号

 

そしてアジャテはというと、年内は二本ライヴがございます。すっかり寒くなりましたからね、アジャテのライヴに来て暖まるといいと思います。汗だくになるのもいいと思います。十五日が渋谷ROOTSにて。そして二十二日が三軒茶屋32016(通称・梅ちゃんバー)にてアジャテ月迫の宴ということで賑やかにまいります。

 

 

お囃子の歴史を紐解き始めたところ、その大河の入り口で早くも脳ミソが沸騰してしまったのでいったん忘れる事にしました。今は、また締め太鼓についてモヤモヤ考えてます。先週の稽古で「音がしょぼい」等々、先輩方から指摘を受けたもので。お囃子の締め太鼓を叩く時は、打面から裏側の皮に突き抜ける様に力を伝えるイメージがよいそうです。同じ様なことを私のドラムの師匠も仰っていて、良い音が出た時はスティックが打面を突き抜けて裏側の皮に届いている様な気持ちがするそうです。

うーん。自分の場合は鳴らそう鳴らそうと気張ると力をこめてしまいます。結果、音がデカイけど汚い。音がつぶれる。フォームが乱れる。ドラム叩き始めた頃に戻った気持ちです。習い始めにもこんな内容書いたような記憶がありますが、まぁお囃子一年生ですからまだまだグルグルします。

お囃子の先輩方に限らず、いい演奏する人はみんな美しいですね。姿勢とか表情とかセッティングとかいろいろ。整っていなくても、いびつで偏っていても、美しいなぁと感じます。そんな風になりたいので、もやもやしてる場合じゃないです。練習します。

 

↑秩父のハードデイズ。次に行けるのは年明けかなー。

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第十九号・立冬

 世田谷の閑静な住宅街、

陽射しは差し込まないかわりに、コーヒーがとても美味しい地下音楽室にて。アジャテのみなさんが集まって何か楽しい事をしているようです。

楽しい事をひとり占めしては悪かろうと思うので、全世界の皆様ともこの楽しさを分かち合いたい。そんな気持ちでおります。きっと来年の二月くらいに分かち合えると思います。どうか、心待ちにしていてほしいです。

あ、それに十二月はライブも二本決まってますから!

 

●十二月十五日・渋谷ROOTS

【りんごや×ROOTS共同企画】

アジャテ鑑賞会!?

Open=19:00 Charge=1000円(1D付)+投げ銭

DJ:AMA UU、ryo-chang、しものかわ

and more!!!

 

LIVE:AJATE(ライブスタート21時半頃)

 

 

●十二月二十二日・三軒茶屋32016(梅ちゃんバー) 

18:30 Open Start
LIVE: アジャテ、the sun
DJ:AMA UU、Dice-K
FOOD: #shiHOMEshi#
CANDLE ARTIST:あたらし もぐら
ALOMA STYLIST:木下尚子

 

みなさん、分かち合いに来てください!!

 

 

アジャテに所属して二年目に入り、お囃子の稽古もそろそろまる一年と。ここ最近はお囃子の歴史に対して軽度の知的好奇心がわいてます。私が稽古に通っている戸塚囃子は、田淵流の中間(ちゅうま)囃子であり、田淵流の起こりというのは江戸後期、阿佐ヶ谷村であったそうです。中間というのはテンポの事で、他に早間・大間とわけられます。そして田淵流の下地にあったお囃子というのが江戸中期、葛西神社において神官の能勢環(のせ・たまき)という人物がつくりだしたもので…、とか、とか、色々と調べ始めたら脳みそでまとめきれなくなりました。

ちょっと面白そうなんで、時間をかけて勉強しようと思うのですが基礎知識に乏しく苦戦しております。気力があったらこのブログ内で少しずつまとめてみようかと考えています。とりあえず、今は甘いものとか食べたいです。

 

 

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第十八号・降霜

匂う。
冬っぽい。冬っぽいっす。
"っぽい"うちに、湯たんぽ出してきたり
冬掛けの布団を干したりしないといけません。

降霜て事ですけど、あの、霜柱をザクザク踏んで歩くのは楽しいもんですな。そしてあと半月もしたら立冬ですって…。もうここから先数ヶ月は寒くなってゆくだけかと考えるとそれだけで、肩が上がってきちゃいます。


お囃子ですが─、
今月16日には、新宿区のふれあいフェスタで演奏でした。神社に稽古に来る子供さんに加えて、小学校でお囃子クラブに参加している子供さんも合流。大人も一緒になってワイワイやってきました。
戸塚囃子の演奏者人口が多くて幸せな空間でしたね。そして来月、11/20(日)は新宿区民俗芸能の集いということで、牛込箪笥区民ホールにて戸塚囃子。やります。
13:30開場・14:00〜16:00の催しで、戸塚囃子の他、萩原社中里神楽など新宿に伝わる民俗芸能を堪能できます。そしてこの日は、あのハヤシマスターの来日が決定しております!これハッキリ申し上げますが、貴重な機会です。『最近、どうもお囃子が気になって…、』そんな方は是非ともお越しください。


《詳細》

会 場 牛込箪笥区民ホール(新宿区箪笥町15)
会場までの交通 都営大江戸線「牛込神楽坂」駅下車A1出口直結・東京メトロ東西線「神楽坂」
駅下車徒歩10分
申込方法 直接会場へお越しください。
問合せ先 新宿区立新宿歴史博物館
TEL 03-3359-2131 FAX 03-3359-5036
Eメ ー ル gakugei@regasu-shinjuku.or.jp
募集人数 240名
主 催 (公財)新宿未来創造財団 参加料 なし


ダラっと告知しました。
今日はさらにダラっと続けてみようかと思います。まぁ暇つぶしにでも読んでやって下さい。


ようやっと先日、お囃子の支度のために雪駄を買いました。通販サイトの情報だけではピンと来ず下町の下駄屋さんへ行って来たのです。その下駄屋さんのご主人の雰囲気がなんとも。揺るぎなく、下町の職人のおじいちゃんという風情でとても素敵でした。
売り場の奥の作業場へ声をかけて、お囃子の支度のために雪駄がほしい旨を伝えたところ──、どこのお囃子か、お前は太鼓を叩くのか、雪駄は祭りで履くんだな、とパパーッと聞かれ、『祭りで履くなら格好いいのを履かなきゃダメだ』と、ピシャリと言われました。
ただ、恥ずかしながら優先すべきは予算。鼻緒だって台だって選択の余地はないのでした。いたしかたなし…。予めインタネットであたりをつけておいた、極めて無難な品を出していただき足を通させてもらいました。足を通すか通さないかで、ご主人の解説が始まります。

 

⚪︎鼻緒に指を突っ込みすぎるな
⚪︎ツボサガリって言うやつだ
⚪︎かかとは雪駄からはみ出せ
⚪︎始め歩きにくいのは仕方ない
⚪︎見栄の履き物だから辛くてもガマン

 

などなど。聞いてて思わず、
『ホントですか!?
これが正解なんですか!?』と何度も聞き返してしまいました。とにかく違和感が半端なかったです。

 

ご主人が言うには、雪駄からハミ出したかかと(3センチ程度)が地面に触れてしまう様ではダメなのだとか。知らなかったです…。泥がつく様じゃ…、あぁそれは粋じゃないって事ですね!と聞こうとしたら、『それで泥がつくようじゃぁ、それじゃよう、負けだよ。』
…負け、ですか…。うーん。江戸の粋を知るには、自分はまだまだ未熟な小僧でした。
目下、足に馴染ませるべく家でちょこちょこ履いてます。裸足に竹皮、気持ちいいです。

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第十七号・寒露

うっかりしていました。

もしくは、薄々感じていたものの

気付かないフリをしていたと思います。

そう、今年もあと僅か。うーん早い。

そして肌寒い。

アツい夏は終わりましたが、アジャテさん、

年末に向けて相変わらず盛り上がってまいります。

そしてお囃子のほうも、年末に向けて

オフィシャルな演奏予定、決まってきてます。

 

やーしかし。個人的には伸び悩んでいます。このところ。

ファッ●ン停滞感!これは打破しないとイカンですよ!

助走がつくと、身も心も環境的にも、

なんか良い感じに転がりだす気がするのですが。

とりあえず気分転換に竹盗り・・、じゃなくて

竹取りに、秩父へ行こうかと思います。

 

竹を切り出すのは、今この時期から年末にかけて、

この期間がもっとも適しているのだそうですよ。

しかもジョンいまえだのアトリエには

チェーンソウがあるらしいです。

 

竹でも切り倒して、

勢いつけていきたいと思いまーす。

 

──────────────

↓↓今月の戸塚囃子の演奏予定です↓↓

【大新宿区まつり ふれあいフェスタ2016】

※ 平成元年から毎年開催している、新宿区最大の区民まつり。

今年で28回目を迎えます。新宿のまちの多様な文化、産業、

区民活動に触れられる場となるよう、多様性豊かなコンテンツをお届けします。

──とのことです!よろしくお願いしまーす。

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第十六号・秋分

 

やー。秋、きてますね。
コレ急に涼しくなって、そこから一気に寒くなったりすると切ないですけども。秋は季節のうちでも曖昧になりがちなので、油断ができません。寒さが辛くなるまでに、秋だなー、て感覚をたくさん拾っておこうと思います。サンマがもっと安くなればいいと思います。
戸塚囃子、新宿区早稲田の祭礼で演奏してきました。自分にとっては稽古に通い始めてから最初のお祭りで。
過密の東京都新宿区。道路事情を鑑みてでしょうか、山車はなんと2トントラックそのまま!早稲田通りや新目白通りあたり、荷台にお囃子隊を乗せたトラックが爽快に走り抜ける訳です。面白いです。そして、神輿とお囃子隊が練り歩くコースには途中途中に神酒所(みきしょ)と呼ばれる中継地点があって、そこにさしかかると山車は一旦停車。お囃子に加えて舞いをおこないます。これがまた楽しい。神酒所に詰めている方々も盛り上がってくださいます。
東京に限っても、お祭りは沢山あるでしょうが、お囃子の音が録音&垂れ流しのところも少なくないと思います。それは諸々の理由から仕方のない事として、しかし、やはり、お祭りにはお囃子ライヴがあるほうがいいですね。あぁコレコレ、て感じす。
いい経験、させていただきました。
↑↑↑
お囃子の笛・太鼓と共に舞う先輩方がなんとも愉快で、
且つ格好良くて・・・!!
気がつけば本日九月二十二日は、アジャテ@池袋・鈴ん小屋「熱帯の夜」第三夜なんです。気温が下がってきて、去りゆく夏が恋しくなってしまった人も多いのではないですか?大丈夫、大丈夫です。池袋・鈴ん小屋は熱帯でいかせていただきますので。
Posted by AJATE | comments(2) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第十五号・白露

...残暑、ですか?

いや。 いやいや。

まだまだ夏。手ぇ抜いてないですね。

お祭りバンドのアジャテとしては、

この暑さもライヴの高揚感を演出する一要因として、

そうそう嫌ったものでもナイかなぁ、

なんて思います。コンニチハ。

まだまだお囃子一年生、アジャテ滝澤です。

 

 

お囃子の稽古が夏休みを明けまして。再開。

でもって今月、九月の十日と十一日は、

早稲田水稲荷神社の例大祭で囃しますよー。

山車、子供神輿の町内巡行。

(十日:午後一時出発の予定/十一日:午前十時出発の予定)

そして水稲荷の神楽殿でお囃子。

(十日:午後四時から五時の予定/十一日:午後五時から午後六時の予定)

お囃子の稽古に通い始めて半年。初めての

お祭り囃し、参加させていただきます。

 

ハヤシマスターにブン殴られそうですが、

夏休み明けの稽古初日、

んまぁ〜出来ないこと。忘れてること。

日々の瑣末な事にかまけて自主練していなかった己を

いまさら悔やんでも時間のムダ。ちうことで。

譜面がないと不安、とか言ってちゃまだまだ。

少なくも、締め太鼓の手はそらんじられる様に。

手取り足取りしてもらえるなんて思ってちゃイカンです。

目下、数少ない音資料でもって自主練しております。

休み明け一発目の稽古で

見事に撃沈した僕に、果たしてどこまで囃せるものか。

さーて頑張りますと。

 

 

早くひとり立ちしたいものです。

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第十四号・処暑

例えば新宿、渋谷あたりへ

環八以西にある自宅から自転車で出かけたとします。夜、都心部の性質の悪い暑さに打ちのめされての帰り道、この時期環八を越えたあたりからぐっと気温が下がっていて、あまりの涼しさにニヤける事があります。

建物とか人間とかいろんなものの密度が疎にむかって、風の通りがよくなるのが恐らくそのあたりなのだと思います。自転車こぎながら、土とか木とか、くさむらも目に付きやすくなります。大きな公園。林や森も。安らぎます。森がすきです。山がすきです。こんにちは、滝澤です。

 

とてもとてもありがたいご縁で、

飯山さわごさ2016出演させていただきました。山奥のスキー場をお祭り会場・キャンプサイトとして、なんかみんなで楽しく騒ぎましょう、というサイコーなイベントです。奇しくも吾が地元長野県、メンバーそれぞれがお山の魅力を存分に感じてくれたものと勝手に解釈し、勝手に満足して東京にもどりました。

さて年末にむけてのアジャテさん。ついに、現行フルメンバーによるレコーディングが始まるとかはじまらないとか。ライブ会場では最早お馴染みのCD、「厚いヤツ」と「薄いヤツ」に加わる新たな音源。今やライブでのセットリスト常連のあんな曲やこんな曲も録る予定でございます。九月以降のライブもひとつひとつキッチリやらせていただいて、レコーディングの現場にいいものを持って臨めるといいなぁ。

 

 

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |

季刊「笛の音」第十三号・立秋

 

鯉がヘビみたいな顔になってるなぁ。

コンニチハ。滝澤です。

夏のご挨拶、暑中見舞いと残暑見舞いは

立秋を境に使い分けるらしいです。

 

世間は夏休みです。そしてお囃子の稽古も、夏休み。

過去ログの繰り返しばかりで恐縮ですが、

八月のアジャテライヴは、やはり激アツの予感です。

なぜかは自分でも分かりませんが鯉を描きました。

 

最近のアジャテリハ、リズムと真正面から向かい合いまして、

頭も身体も痺れるまで励んでおります。

来ていただいたお客サマーが踊り狂えるように。

ライヴの後は最高のビールが飲めるように。励んでおります。

 

立秋、なんつって「秋」の字が登場してますけども、

アジャテの夏はこれからが本番でございます。

みなサマー、今年の夏もアジャテをよろしくお願いします!

 

 

二〇一六年 立秋 

 

Posted by AJATE | comments(0) | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM